スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 第7話 『報われぬ魂』

2007年11月18日 00:17

ダブルオーももう第7話でございます。
なんかあれね、このごろなかなか面白いです。
先週も見たんですけど強烈に忙しかったのであえなく断念。



サブタイは『報われぬ魂』。果たして誰の魂のことなのか、考えようによっていろいろ出てきそうな内容でございました。


ていうか、アバンから今回は刹那が主人公……ってもとよりこの人主人公だったっけ。
今までわかっていた刹那の過去というのが、
幼いころから戦場にいて、どうもそれに宗教的な要素が絡んでいたらしい、
だけだったんですけど、ついに具体的な描写が。
聖戦に参加する資格を得るために、と若かりしころのサーシェスが刹那達にやらせたのが、

……両親殺し?

あわわ、思ったより強烈。
両親かどうかは断定できないところですが、刹那と同じくらいの子供たちが各々家に入っていって銃を撃っているのを考えると、
やはり両親、家族の線が濃厚かと。
……ギアスのスザクといいなんといい、流行なんでしょうかね。

この辺考えると、今回の『報われぬ魂』が、
そのまま刹那と考えてもいいし、
彼が殺してしまった(恐らく)両親のことと考えてもいいし、
なんかちょっと深い。

刹那は本名ソランというのかな。覚えておこう。

敵パイロットがサーシェスであるか確かめるためにコックピットまで開ける刹那。
奴の神は、と言っているところから考えても、
刹那のなかでは、かつて自分が間違いを犯す原因になった何かの宗教というのがわりと大きい部分を占めているのかと。
サーシェスを初め、その宗教関係者、最終的にはその『神』を、
恐らくは殺すという手段で自分の中から消し去るとか、
その辺りが彼個人の行動目的としてあるのかもしれませんな。
(まあこれで、サーシェスの方としてはその神にあまり執着がなくて、誰よりある意味執着しているのは刹那だった、みたいなことになると、これもまた救われませんけど)

そしてこの、刹那の『ソレスタルビーイングの理念以外に自分の行動目的を持っている、もしくはそれが強くあらわれている』というのが、
ティエリアのいう、マイスターとしてふさわしくない理由なんでしょう。
(で、今回のようなティエリアの頑なさが、逆にティエリア自身が自分の行動目的をもっているのを暗示しているような気も)(ていうかホントに女に見えてきたよRUNAさんよ)


そして道中ケンカしながらも一応作戦成功。
なにげに太陽炉とかなんだかんだと、マシン関係の伏線が。
つまりこれが、宇宙のあの小さな母艦のエネルギー供給源、あの粒子を生み出す機構の名称なのかしら。


あと今回におってきたのが『ヴェーダ』。
この前チラッと出てきたときは、母艦についてるスパコンだと思っていたのだけど、
どうもそれどころじゃないみたいですね。
王留美(なぜか相変わらず嫌い)が「ヴェーダのプラン通りに~」と言っているのを考えると、
そもそもソレスタルビーイングの行動方針を示しているのがまさしくこのヴェーダであって、
スメラギさんはむしろその補助に当たっているということかもしれません。
さらにガンダムマイスターを選ぶのもこのヴェーダだというから、
ソレスタルビーイングの中枢はこのヴェーダである可能性が強くなってきましたし。
200年前にソレスタルビーイングの理念を唱えたというあのおじいさんが残した『ソレスタルビーイングの核』、それがヴェーダ、なのかも。

ガンダムマイスターはヴェーダに選ばれ、その理由を持っている。
ってことは、ヴェーダは世界情勢その他から個人的に戦争というものに対して強い嫌悪感をもっていて、しかもそれなりに戦闘経験があってマイスターとして使えそうな人間、個人の特定は恐らく不可能だからそれがいそうな地域、条件なんかを指定して、そこからマイスターが選ばれるということなんでしょうか。
だとすれば、これはなかなか恐ろしい。
刹那の選ばれた理由が『生きていること』、これが『生き残ったこと』であったとすれば、
宗教がらみで幼いころから戦争にかかわり、
戦闘を繰り返していくうちに間違いに気づき(「神はいない」発言から)、
戦争というものに対して憎悪を抱き、
マイスターとして使える人物像が完成したところで彼を拾った、
そういうことになりませんかね。
あらかじめプログラムされた筋書きを円滑に進めるために集められたマイスター達、
そのプログラム通りに大きな犠牲を出しながらも世界を推し進めるソレスタルビーイング、
それがなにやら『人間の意志の存在しない平和の追求の仕方』に見えてきています。
やはり、それには疑問を覚えますわな。
マイスターは個人の感情を捨てて行動する存在なわけだけど、
それも恐らく今後は変化していくのだと思うし、
今回のはそれを匂わせていたのかもしれません。



そして、ついに出た!反ソレスタルビーイング組織の無差別攻撃!
今までの展開で考えると、ソレスタルビーイングの行動自体に変化はあまりなさそうではあるけど、
そのまま武力介入を続けているとまるでテロ大魔王決定戦なのでなんとかしてくれスメラギさん!
(というか、今回の刹那の言いようは報復攻撃をさらに武力で押し返すということを言い換えただけという気が。刹那に限らずマイスターの人々は『介入行動』という言葉をオブラートにしている感がバリバリするので、この辺りもいつか彼ら自身が考える機会が来るのかも)

さらにさらに、ついに刹那に出会いが。
運命のひとだってよ。今回の冒頭でも『運命の男』って言ってたじゃねえか(笑)。
運命のひと、マリナ様と刹那がどうなっていくのか、うーん、気になるなあ。
(これでマリナが実は刹那の生き残っていた血縁とかだったら、なんか彼のトラウマを非常に刺激しそうなんですが!)
スポンサーサイト

機動戦士ガンダム00 第5話 『限界離脱領域』

2007年11月03日 23:22

ダブルオー第5話『限界離脱領域』、見てみたので感想書いてみたり。
今回けっこう面白かったなあ。
ていうか前回でエンジンかかった感じ?
3話なんて結構イライラしながら見てたのに、ねえ。
なんていうんでしょ、4話でそれまでためてたネタと空気を使ってストーリーにスパイスを加えて、今回のでエンタメ性の高い面白さを示した、みたいな。

そういうわけで、今回の感想はエンタメ方向にくだらなく行きます。

そうそう、第4話も見てたんですけど、しかもいままでで一番面白かったんですけど、
翌日モーターショーに行ったら完全にそっちにもってかれました。
ていうかニッサンブースの人ごみのなかに全てを置いてきました。

どうでもいいけど『限界離脱領域』、
絶対恐怖領域を思い出す私ですよ。
文字数と「領域」しか合ってないのにね。



とりあえず……
ロックオンのあの射程距離はいくらなんでもやりすぎだろー!


さてさて。
アバンタイトルはマリナ様。
チャイナ娘もとい王留美がどうにも気に入らず、
私はこっちのほうがなんか好きなのであります。
関係ないけど、側近の女の人がしゃべるたびにアビスのナタリア思い出す私。
声はナタリア、顔はレイアース(古いって言うなあれは名作だ)のふうちゃんの悪党面バージョンだと思うんですが、どうですかね……って何言ってんだ私。


超人少尉と中佐の組み合わせがひどく好みな私です。
中佐は初登場からいいなと思ってたんだけど、
しゃべってみると少尉がなんか可愛い。
黒田のことだから、なんだか少なくとも片方は将来無事ではなさそうですが、
どっちが欠けてもその後が面白そうだし……って何言ってんだホントに。


ていうか今回もあるんだねキュピーン。やっぱりガンダムには欠かせないのか。
ダブルオーのキュピーンな人々はアレルヤと少尉。今後増えるのか?
そもそも超人機関っていうのが、字面からしてなんかすごそうではあるけど、
具体的にどういう機関なのかっていうのがまだ語られてないし。
この前、超人って言葉が初めて出てきたときは、まあコーディネイターみたいなもんだと思ってたんだけど(なにせ主人公がフリーダムだから)、
先天的に遺伝子に手を加えて人を生み出すというのは今回のを見る限り特殊なようだし、
すでに生まれている人間に手を加えるのが超人機関と考えたほうが良いのかしらん。
で、ありきたりではあるけど、アレルヤはそこからの脱出者かなにかか?
ていうか二重人格?ハレルヤって、え?
な、なんて不安定な人材をパイロットに登用してんだソレスタルビーイング……

しかし今回のアレルヤ・ハレルヤ(「神を讃めたたえよ」?)といいロックオンといい、
ダブルオーは名前が妙だなあ。
コーラサワーはネタだとしても、
メインキャラクターが名前呼ばれるたびに違和感覚えるのは、
なんだかリズムを崩すというか。


あとはあれね、中佐とアレルヤの、宇宙に対する意識の違いね。
前も似たような描写があって、面白いなって思ったけど、
今回もしつこくも。
宇宙でほっとする若者と、宇宙が落ち着かないおじさん。
この辺も後に伏線として引っ張ってくるのかな。
……ただのジェネレーションギャップと言ってしまえば、まあそうなのかもしれないけど。



あとねー、ルイスと沙慈ねー。
ソレスタルビーイング側のキャラクターが、もう揃いも揃って非日常的な人々なので、
この二人、特に沙慈が、きわめて平凡でぱっとしなくて、
実に一般人の代表キャラクターとしていい感じになってまいりましたよ。
このものすごく普通の少年・沙慈が、
隣の家に刹那、今回は王留美とすれ違い、ブロックの外壁隔てた向こう側にアレルヤと、
微妙にソレスタルビーイングと掠っていく、
このニアミス感がなかなかいいんではないかと。
普通に学校に通って、ちょっとタイプの違う女の子に気に入られてしかもそれに気づかなくて、時にはお金かけて研修に行ったりなんかする、
それら全部、刹那は持っていないんですよね。
この辺の対比も、これから活かしていくのかな。

つうか今回の、ルイスの告白未遂、
「私ね、沙慈のことが」の直後にロックオンが狙い撃ちそこねて中央ブロック撃っちゃってたら、そこで見事な最終回になっていたと思う私。


そうだ、今回主人公の台詞、
腹筋しながらの「モビルスーツの性能実験……」、
雲を切ってと頼まれたときの「了解」と「はぁっ!」だけだったし。
今回の話ではメインでなかったとはいえ、
見事な空気っぷり。



次回は……えー?もう装備の増強ー?
せめて一回ぐらい派手に負けてからのほうが、ストーリーのワンパターン化を避けるのにいい気がするんだけどなあ。

機動戦士ガンダム00 第3話 『変わる世界』

2007年10月20日 23:12

えー、脱種シリーズ第3話、見てみました。
第3話、つまり3週目、放送開始から21日経ったわけです。

……そろそろですね、
騒ぐ国際世界事情→マイスターの人々がちらり→中国少女→武力介入→無傷で勝利
の展開、止めてもいいんじゃないですか。
話が単調。
人物描写少なすぎて誰にも魅力を感じない。
平たく言えばつまんなーい(現時点では)。


つまんなーい、の後に(現時点では)なんぞと、実に日本人らしいこと言いつつ、
未練がましく見続けているのは、
ひとえに黒田だからです。
評判っていうのも恐ろしいものです。

でも考えてみれば、こんな静かな展開を余裕でできちゃうのって、
ガンダムっていうブランドがもう出来上がっちゃってるからこそかもしれませんな。
多少アクセントに欠ける展開になっても、
「まあでもガンダムだし、見とくか」
と、なんだかんだで視聴者が離れない。
これはこれで、スタッフとしてはやりたいことが出来ていいのかもな。


******************


あらら、ストーリー以外の話が長くなっちゃった。


まあでもな、正直な話、今回あんまり注目したとこないんですよね。
私自身の好みですけど、アニメでも漫画でも小説でも映画でもゲームでも、
人物の心理描写とか、人間関係とか、そういうのを見て面白いと、
私は思うんですよね。
そういう人間にとっちゃ、今回の『変わる世界』、見所がない。

あ、でもグラハムさん見てて面白いです。
エクシア(刹那ではなく)には負けてしまいましたが、彼の魅力はそのキャラクターだからいいさ。
乙女座って(笑)。
しかも「若いな」って(笑)。
もう彼が画面に映ると、次はなにを言うかと期待してる私がいます。


えー、あとはー、
男子学生Aこと沙慈。
ようやく主人公刹那と人間関係もちそうな人が出てきましたよー……

まあ多分、ガンダムマイスターとやらの人々が揃いも揃って感情希薄の傾向があるというか、そう見えるのは、
ソレスタルビーイングで実際に武力行使をする者として、
個人的な感情は制さねばならぬとか、
そういう方針の下に生きているからなのよ、あたりの表現だとは思うんですよね。
(で、恐らくそう生きること自体が、希代の殺人者と呼ばれようとも武力介入をする資格が自分にはあると思える、マイスターズにとって一種の心のよりどころになっているのかな、なんて)
この沙慈君とやら、刹那君に、そしてマイスターの心のあり方に、
今後関わって……来るのかなあ………


あと、「俺に触れるな」。
「俺がガンダムだ」の延長線上に「俺に触れるな」があるんでしょうが。
刹那君のなかでは『俺がガンダム』であり『ガンダムが俺』、
今もっているガンダムというこの力こそが全て、
逆に言うとこの子からガンダム取ったらなにが残るのー?、
なんて印象が。
グラハムさんとこのご老人も「捕獲したい」と言っていたし、
もしかしたら今後、刹那withoutガンダムのエピソードが入るのかもしれませんな。
ていうか、入って欲しいな、つうかさらに言うと、

ガンダム最強伝説がどことなくフリーダム最強伝説を髣髴とさせるので、
たまにはそこから降りていろいろ痛い目にあってください。

(残念なことに私の目にはマイスターの皆さんがみーんなヤマト2号に見えています)

人生は武力介入だけじゃないぞ。


ていうかガンダムってエネルギー補給までまかなってんの?
電池?今回のガンダムは電池?
なんだよー、ってことは自家発電ってか?
余計フリーダムみたいじゃないのさー。



今回は……他に何かありましたっけ。
CM直前に見慣れない何者かを見た気がしますが、よくわからないので今回は割愛。


以下、アニメの見方として何かが間違っている(論点がずれてます)、
微妙な戯言です。
こんなこと考えながらガンダム見てる私が多分間違っているんでしょうが、
まあこういう見方する人間もいるんだぞということで、追記にまわします。
ご覧になる方はその辺り、ご承知置き願います。
[機動戦士ガンダム00 第3話 『変わる世界』]の続きを読む

機動戦士ガンダム00 第2話 『ガンダムマイスター』

2007年10月13日 23:00

………第2話にして、こんなにムカついている私がいます。
落ち着け自分、これはただのアニメィションだ、娯楽なんだ、うん。


まあね、わかりますよ、黒田のやることだし、
種シリーズで最終的にグダグダになっちゃったから、
あえて新シリーズをそれに似た状況から始めて、
そこから度肝を抜いてやろうじゃねえの、ってことなんでしょうよ。

だけどね、やっぱり種シリーズの、特にデスティニーのほうは、
ラクス様の天下になって「私たちの言うことこそ正しいのだー」って大暴れして、
しかもストーリー上それがまかり通っちゃって、
もういい加減にしてよだったわけで、
………そんなに忍耐残ってないんですよ私の中には!!
はやく!もうともかく!
なんでもいいからソレスタルビーイングが不利になる描写がないと、
私耐えられないからっ!!!!

まあこれは、ちょっとお気に入りなグラハム君に託すといたしましょう。



今回ちと、ソレスタル以下略(ムカつく上に名前まで長いなんて、どこまで憎たらしいのやら)の目的について、ちょっと思いついたことがないわけでもなくて。
今回のBパートで、『憎まれてこそのソレスタルビーイング』であるというのが出てきたわけですけど、
もし仮に、仮にソレスタルビーイングがともかく『戦争の根絶』を成し遂げたいと考えているのなら、

今回のセイロン島のように、とりあえず武力介入で戦闘を中止させる
→何度でもしつこく介入することで、紛争の当事者双方に疎まれていく
→そのうち3つの大きな組織全ての恨みがソレスタルビーイングに集中する
→が、ソレスタルビーイングには、どこにも負けない圧倒的な武力がある。それが3つの組織全てを合わせても勝てないほどであったら、誰もソレスタルビーイングを抹消できない

こういうおバカな理論で一応爆弾は飛び交わなくはなりそうですがね。
……いや、いやいやいや、これはバカすぎるな、これはない、うん。
このやり方の後にたどり着くのは、平和というよりはむしろalways臨戦状態の世界なわけで、
技術なんてものは進歩し続けるものだし、
何かの拍子でパワーバランスが崩れたら一環の終わり。
というか、自分たちがいついつまでも(ものすごい武力を抱えたまま)中立の組織でいられると考えてる辺りがお馬鹿だわ思い上がりだわで笑えちゃうわけで、
うん、やっぱりこれはないな。

某書の受け売りですけど、結局どんな方法を使ったって、やっぱり恒久的な平和なんぞ得られないものだとは私も思うんですよね。
その考え方から言えば、一時的にでも爆弾が飛び交わない状態(=それなりの平和)になるのであれば、確かにこのおバカな理論、価値はあるのかもしれませんけど、
いつかその『永遠ならざる平和』が崩れたとき、今現在よりも状況が悪化するのが目に見えている以上、
やっぱり受け入れられるもんじゃないですしね。

まあなんにせよ、ソレスタルビーイングとやらの活動は、
その圧倒的な武力あってこそのものなわけだから、
来週あたり、グラハム君と主人公君がいい勝負するだけでも、
結構ソレスタルビーイングにはヒヤヒヤもんだと思うんですよね。
グラハム君が出撃したのが、ソレスタルビーイングへのNOでなく、
ただの見たことのないものへの好奇心ゆえだったとしてもです。
……ま、グラハム君が瞬殺されて海の藻屑になっちまったら、
私はまた無意味にイライラするわけですが。


あとはあれですね、今回主人公の刹那君の内面描写がちょこっと入りましたね。
第1話のアバンタイトルのシーンで、私はなんとなく、
彼の少年兵時代、(恐らく)彼の所属していた組織のいう『神』なんか嘘っぱちだと考えていたところに、
絶対的な力として降臨したガンダムというのは、
彼にとって「神があるとしたらこんなものじゃないのか」と思わせるような、
そういう精神的な面でも大きな存在なのかなあと根拠もないのに考えていたんです。
だからもう、「俺がガンダムだ」って言ったとき、
あれー、この子は新世界の神になるつもりなのかなー、
なんてホントに思いました。
……べ つ に い い け ど ♪(このごろよく鼻歌歌ってますよこれ)

でもこういう『ガンダム』の捉えかたは種にはなかったから、
なんだか新鮮で面白いです。
もしかしたらこの刹那君、「俺がガンダムだ」という自分が絶対的な存在であるという意識に溺れていくような、そんな描写が出てくるのかもしれませんな。



ま、何はともあれ、そーろそーろ、ガンダムマイスターとやらの人々、
その一人一人のキャラがたつような、人物描写が欲しいとこではありますねえ。
今回なんて『ガンダムマイスター』だったわけなんだから、さ。

機動戦士ガンダム00 第1話 『ソレスタルビーイング』

2007年10月10日 09:48

前作SEEDシリーズが(いろんな意味で)終わってから、
えーと何年でしたっけ。
結構前のはずなのに、
しかもあんなにクソだクソだと言っていたはずなのに、
今でもわりに覚えているから不思議です。


何はともあれ、新シリーズ『00(ダブルオー)』がスタートです。


………一言でまとめると、
『今後に期待』。
というか、今はまだ何も言うまい………

なんていうか、次回が気にならないから不思議です。



そのかわり、OPがなんかピンとこない出来だったので、
なんかねえかなと漁ってみたら、
まあ皆さん考えること同じなのね。
この短期間でこのMAD数、さすがガンダムです。
もういっそこっちにすればいいのに。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1219634



まあこの辺も好きですがね。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1223856
菅野サマサマ。

で、意外性シリーズではこの辺とか。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1229174
私はこれ結構好きだけどなあ。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。