スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 FINAL TURN 『Re;』

2008年09月30日 22:04

最終回でしたね。
なんだか最後までサービス満開で、すげえなあと思ったのですが。
というか、この日は飲み会で、
何かよくわかんないけどカパカパ飲んで(最後に飲んだのがポン酒だったことは覚えてるけどそれまでの過程を忘れた)、
二次会のカラオケでがーッと声を出して(アルコールを抜くには寝るよりも、水分補給+呼吸で分解がずっと効果的)、
家に帰って、日付変わって、それから落ち着いて見たんです。

何が言いたいかというと、録画して見たってことなんです。

つまり、結構冷静に見れたんです。

冷静に見た結果、最終回はようやく、個々のメインキャラクターは非常によく描かれていたなあという結論に至りました。
大局では、うーん、難あり、だけど。
でもキャラクター心理を見るのが楽しい私としては、嬉しい構成です。
嬉しい構成ですけど、キャラクターごとに感想書くのは止めときます。
最終回では、確かによく描かれてたんだけど、R2全体ではルルーシュもスザクもキャラクターとして揺れまくっていたので、
果たして今回一回分のことで綺麗にまとめてしまっていいもんかと、悩ましいところだし。

それと演出ね。やっぱ上手いね。すごい。


実はR2になって、音楽にうっとり、っていうの少なかったんです、私。
第一期では結構あったんだけど。

あの、ラストね。
『ゼロ』がルルーシュに斬りかかろうと駆け出すところね。
あそこでかかるあの音楽、確か第一期サントラvol.1のトラック1、『0』っていう曲。
まさにゼロ、まさにRe;――『もう一度(最初から)』、という。
あれは久しぶりにぐっと来たかも。



で、多分、私が絶賛しなくても、このアニメに関しては褒めてくれる人いっぱいいると思うのね。
だから別に、私がハラショーと言わんでも、良いと思うのです。

なので、素直に思ったことを、書いとこうと思います。
つまり、難あり、と思ってしまった大局のことを。

このアニメがただ絶賛されていくのは、私はどうかと思うから。

ですから、この先は少々批判的です。
お嫌な方は、どうぞここでお戻りください。







[コードギアス 反逆のルルーシュ R2 FINAL TURN 『Re;』]の続きを読む
スポンサーサイト

おちつこう

2008年09月01日 12:32

いや私が。





そうあれだよ、昨日のナニ、ラグナレクがどーたらこーたら言ってた30分の番組に対するなっがーい文句。
よく考えたらそう、いつもの悪い癖が出ただけなんだわ。
私よく忘れちゃうんですね。



アニメは話半分に見ましょ、てやつ。



それをうっかり忘れていた。
さらに恥ずかしいのは、



製作側が商売に情熱傾けるのは当たり前だってこと。



だってこの国は資本主義なんだもの。儲けてなんぼ。
いや言葉が悪いな、儲けることに関して誰も咎めないスタイルの国だってことだ。
所謂『公共の福祉』を害さない限り。
だから私がネギ背負った鴨なのは、昔から変わらんわけで、
ともかく、昨日のは言葉が足りとらんなあと思ったわけです。
商売がいけないってんじゃない。



『作品』というスタイルをとって商売をしているわけだから、
せめて「これは商売なんじゃー!」という意図が伝わらないものを作って欲しい、
その努力が欲しい、


って言うべきでした。

だって彼らは『作品』を売って商売しているわけだから、当然商品は『作品』であるべきなんですよね。
金儲け根性の見え隠れするスライドを、私は作品とは呼びたくない。
そういうこと。




でもこんなくだらない記事を二本も書いてしまう辺り、
ああコードギアスに、私こんなに思い入れがあるんだと、
自分でも驚いている。

でももし、同じ日曜日に篤姫(=私の癒し)やってなかったら、
多分「出日本」あたりでやめてただろうな、
と思っているのも実は真実、なんである。




さ、論文読も。

時間と無計画さと攻撃性(コードギアスR2 stage21)

2008年08月31日 19:37


私は週刊誌が嫌いなんですよ、実は
嫌いだから見ません。
でも最近、同じく週刊誌嫌いな母が「どーしても気になる記事があるー!」と絶叫したので、
付き合いで久しぶりに立ち読みしました。
どうも一人で読みたくなかったらしいのだけど。

で、やっぱり嫌いだった。

別に週刊誌に情報の正確さを求めるのは、今更お門違いというか、
もはやあれは情報誌ではないのだから、それは言わない。
それを抜きにして、いやなのは、無駄に攻撃的だってこと。

そこまで個人を叩きたがる理由ってなんだ?
それやって楽しいか?
というかそれが本屋にずらーっと並ぶ国って、先進国として恥ずかしくないか?

と思ったら、「いや逆に、先進国だからなのか」と納得してしまった。
基本的に豊かなので、生活に追われる必要はない。生きることに必死にならなくてもオッケィ。
低刺激で、ぬるま湯のような日常。
だからそこで、意識的に攻撃的にしている週刊誌っていうもんが喜ばれるんだろうかと。

週刊誌に求められているものは、情報の質ではなくて、刺激。




で(で、ってなんだよ)、コードギアスの話なんですが……追記にまわします。
FC2ブログはどうも、携帯で見るとこの追記、隠されずに普通に続いちゃうんですよね。
なのでもし仮に万が一携帯で見ている方がいらしたら気をつけてください。この先追記です。

追記ってことは……攻撃的かもしれない、ってことです。
[時間と無計画さと攻撃性(コードギアスR2 stage21)]の続きを読む

ロロロ

2008年08月18日 12:34

・今日は真昼間のクソ暑い時間からバイトです、あと数時間したら出勤です
・なのでこの微妙な時間、微妙な暇加減、昼飯を食う気にもまだちょっとならず
・さてどうしたものかと悩んだ結果、暇つぶしを兼ねて(!)ロロ追悼してみたりして



・なかなかいい締めだったと思います

・あんな雑巾人生だったのに、最期だけは自分の意志に従って生き通すことができたってとこでしょうか

・自分の意志、っていうのが、いろんな意味で兄を圧倒していったんではないかと

・コードギアスが、「嘘まみれの世界の中で、ほんとうを見つける物語」だとしたら、彼こそはまさに達成者

・で、あの生き様を、「本当のことっていうのは、嘘をぶっ壊さなくても手に入る、嘘の中に紛れているものなんだよ」という、ルルーシュやシャルルへのアンチテーゼに受け取る私はひねくれ者か

・さらに言うなら、『本当の』妹に執着しすぎるあまり、周りにあるはずの本当のこと(=嘘でないこと、カレンの献身やシャーリーの想い等等)が見えなくなっちゃってるランペ君よ、一度立ち止まって「嘘とはなんぞ、真実とはなんぞ」と自問する機会があったっていいんじゃないのとも思うが、まあ時間ないし無理だよね

・なんにせよロロ、いい弟だった

・こう言うとあれなんだが、R2になって初めて出てきた分、登場時間も短くて、その結果としてテーマが一貫していていいキャラだったと思う

・あ、ちょっと皮肉っちゃったんだぜ

・まあこれで、黒の騎士団云々をルルーシュ君は清算して、さっさとギアス関係の伏線回収して、それでストーリー的にはオッケィってことですね56さん

・でもね、この前の最後のシーン、ルルーシュのモノローグ、あれね

・あれ見てたら不思議とギャグ漫画日和の法隆寺思い出しまして、地獄に行くなら父とともにと決意を固める彼の姿が、どういうわけか青ジャージの彼に重なりまして、

・「私は諦めないよ、妹子」

・「がんばってギター、続けてみるよ」

・の幻聴まで聞こえる始末でして

・そんな自分、ああ疲れてんだなあと思いました

・誰かMAD作りません?聖徳ランペルージ日和




・おかしい、追悼のはずが妙なノリに
・いや、こんなんでも一応ギアスは好きなんだってば、ホントに

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN8 『百万のキセキ』

2008年05月26日 11:38

学園に、ありがとう。
妹に、さようなら。
そして全てのゼロ達に、おめでとう。

多分今回の話はそんな感じ(笑)。


一話サボりましたが復活です。
ていうかこの前のTURN7、本当に書いときゃよかったとすごく後悔。
ああクソ、惜しいことしたなあ。

でも過ぎたことはしょうがないので、以下TURN8感想です。




・ルルーシュ

前回からどうにもルルーシュが好き(え)

今までナナリー一辺倒だった彼が、ついに自分の『幸せ』の在り処に気づく。
ここまで来るのに随分遠回りをしてしまったし、こんな簡単な答えにたどり着くには多すぎる犠牲を出したけど、
いろんな意味でようやく、母を失ったことから立ち直れたともとれるのではという気がします。
あんまり彼が必死すぎるから、ああもう頑張れよお前!とつい枢木派の私も言いたくなっちゃう(笑)。

今までのゼロは『ナナリーのためのゼロ』だったわけですが、
それがご本人から否定されてしまった以上、もうそれは卒業しなければならぬ。
で、今回立ち上がったのが『日常を守るためのゼロ』。
ありふれた日常が実は『幸せ』で、きっといつか自分もそこで幸せを手にするために、
今度こそルルーシュが幸せになるためのゼロ。

「何でもない」という意味の「0(ゼロ)」を、ルルーシュも含め騎士団全員で掲げるってのがまたいいじゃないですか。
民族とは血筋でも土地でもない、心だ、つまり形のない何でもないものなんだ、そんな考えを共有しているようで。

この「血筋でも土地でもない」は、実はなによりルルーシュ自身に言えることで、
ブリタニア人、皇族、(唯一血のつながった)妹、それとは何も関係のない『幸せな日常』を求め始めた、
そうも取れるかしらと思ってみたり。

でもって、『ゼロ』という自分を表す名前を皆で共有しちゃったってこと自体がなかなか深い。
今までは『ゼロ=ルルーシュ』だったのが、
『ゼロ』を大勢で共有することによってその関係はいつでも成立するとは言えなくなった、
つまり『ゼロではないルルーシュ』の出発点、なんて。
いうなれば、皇族でもゼロでもない、ただ幸せになりたいだけのなんでもないルルーシュ。
さあ彼がこれから本当に、幸せになることが出来るのか。
………きっとこう、今まで散々『日常』をぶっ壊してきたしっぺ返しが多々襲ってくるんだろうなあと思うわけですが、
不思議と素直に、ああ幸せになってくれればなあ、と祈ってしまう。

おっかしーなー、主人公には辛口路線だったんだけどなー。



・スザク

「ああ、そうだよな」
「ユフィもナナリーも、赦すつもりだった」


でもう、彼が今回良かったー!
袴も良かったけど(眼福だった……)、でもそれだけじゃない、これがスザクだよ!

あの袴も、後半の「血筋と土地・民族」への伏線だったんでしょうね。
スザクはもはやブリタニアのお偉いさんだけど、やっぱりどういうわけか、
奥深く染み付いたところ(心)では日本人、本人も無意識のうちに……っていう。

第一期のスザクは贖罪のために生きてきた。
それがユフィを失ったことで、復讐に変わった。
でもそれが、ここんとこ『ゼロ憎し』で空回りしてしまって、わりと失敗してたんですよね。

でも、それが。
贖罪のために、赦されたいために生きてきたスザクが、
かつて自分を赦してくれた人のようにゼロを「赦す」。
それだけじゃなくて、「かつて自分に生きろと言ってくれた君がどうしてユフィを?」と、
ルルーシュのかつての行動に疑問を持つことで、
『ルルーシュ』を赦す道もまだ閉ざされていないことが見え隠れ。
(今考えれば、このごろよく言っていた「赦しは請わないよ」あたりからの伏線だったのかもしれない)
そして自分も「赦す」ことで、死を求めることとも復讐とも違う、生きる目的を手にする。
ある意味彼も、今回になって、父親を殺してしまったことからついに立ち上がることが出来たとも言えるかも。

「そのために、自分は軍人になった」

彼がこう言い切ったとき、なんだか久々に感動してしまった(笑)。


ナナリーが非難していくとき、アーニャが言うじゃないですか、

「大丈夫、スザクがいる」

って。
ナナリーもスザクも、一人じゃ足りない、だけど確かに二人の目指すものは同じ、
もしかしたら、もしかしたら二人ならできるかもしれない、
今度こそスザクは「生きる」ことが出来るかもしれない。

なにせコードギアスなので、きっと一筋縄ではいかんだろうなあと思うわけですが、
今回のスザクは良いスザクでしたわ……やっぱただのマゾではない(笑)



・ロロ

で、何気に彼が確実に居場所を確立している(笑)。

同じ運命だね、とか言って、ちゃっかり『ルルーシュの弟』として立っている。
きっとそのうち、彼も(ルルーシュにではなくストーリー的に)落とされるんだろうなあと思うわけですが、
なかなかどうして、したたかです。



・R2

今回のお話から、ようやくR2の本当の始まりなんじゃないかって話。

ナナリーによってゼロが否定されるという、ルルーシュにとってのアイデンティティの喪失があったあと、
結局彼が気づいたこと。

行動を起こさずとも、元よりそこにあるものが『幸せ』であった。

いまさら気づいたかバカァ!とは思うものの、
母親を亡くしてから彷徨い続け、ここに来てようやく答えにたどり着けたのだと思うと感動的です。
そういう意味で、前回のTURN7はかなりぐっと来てたんですが、見事書き損ねた(笑)。

で、ついにルルーシュが、今度こそ幸せになるためにもう一度立ち上がったのと同時に、
スザクもまた、他者を赦すことで初めて前向きに「生き」始める。
完全に袂を分かってしまったルルーシュとスザクだけど、
まだお互いに赦しあえる道は閉ざされたわけじゃない。

そしてそこに怪しさをかもしまくるシュナイゼル(笑)。
(つうかこの人、今回何気にコーネリアって言ってんだよね。ネリさんオレンジ化してないだろうな……!)

ルルーシュとスザクが今までとは違う方向を向いた今回こそが、R2のスタート地点だったのかもしれません。
……だから次回は特番なのかなあ…………絶対見ない(あっ)。




下手につっこんで感動を壊したくないので、諸々のことには今回はノータッチで行きたいと思います。
ああでも、緑川が吐血してたのだけは気になるなあ……


超私信ですが、この前メールくれた某Pさん、ごめん返してなくて。
なんかこう、駄目だ書くことがまとまらんのだ、メール返そうとすると。
すまん、今度ちゃんと書く。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。