スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みにあったできごと その2 プラス、Continued Story

2008年09月30日 23:22

その2、っていうか、これが総まとめですけどね。





・いろーんなところに行きました
・でもずっと国内にいました。言語に苦しめられない長休みっていいね
・山登りはもういいです
・両足膝下だけで31箇所蚊に刺されるという偉業を成し遂げた
・長いことやろうやろうと思っていたことを実行に移した。というか、長い休止期間から復帰する気になった、ってところかな
・ロッカーに植物標本入れっぱなしにしといたら素敵な匂いになっていたよ(ロッカーが)
・ゲーム全然できませんでした。いいもん、これからやるから
・後輩の某ちょっと可愛い子がただのニコ厨で焦った
・あ、もらった焼酎飲みきってないや
・そして一個データ処理しないで放ってある実験が。え、どうしよう
・なぜかバイトのカラオケでアクエリオンを歌う。まあ皆楽しそうだったからいいか……
・ダークナイト、結局見にいけなかった
・ていうか映画館ね、一度も行けませんでした。不思議と水曜日がヒマじゃない夏休み。
・そして消化器系の粘膜をひたすら駄目にした夏休み。
・精神的にはいろいろしんどいこともあったんだが、まあほら一生続くわけじゃないし、いいよ、一年やそこら耐えてみせる
・そんな感じよ、多分。それが私のサマーバケーションでございました






あと、さっきアップしたギアスの最終回の感想ね。
いろいろきつめのことを言ってしまったので、一個だけヨイショしときます。


挿入歌の、黒石さんのContinued Story。
あれはとても素敵でした。

彼女の歌は歌詞が聞き取りにくいんだけど、一箇所すごくいいところが聞こえたなあ。


「あの人たちは 今どこに」


あの激動の時代を生き残った、あのストーリーの中の人々が、
その激動の中に消えていってしまった人たちに対して思ってる、
それがこの言葉だったら、素敵。
ルルーシュとスザクには限定したくない。いなくなってしまった人全て、であってほしい。
なぜならそれこそが、他人に対して優しくなれる、優しい世界であろうと思うから。
あれだけ犠牲を出したのだから、せめてその世界に近づいていればいいなあと、少し思うわけですよ。





と、書いているうちに、これはただのFF10ではないのかと思い始めてしまったよ。うう。
しかも書いてることちょっとクサい。おおぅ、恥ずかしい。


スポンサーサイト

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 FINAL TURN 『Re;』

2008年09月30日 22:04

最終回でしたね。
なんだか最後までサービス満開で、すげえなあと思ったのですが。
というか、この日は飲み会で、
何かよくわかんないけどカパカパ飲んで(最後に飲んだのがポン酒だったことは覚えてるけどそれまでの過程を忘れた)、
二次会のカラオケでがーッと声を出して(アルコールを抜くには寝るよりも、水分補給+呼吸で分解がずっと効果的)、
家に帰って、日付変わって、それから落ち着いて見たんです。

何が言いたいかというと、録画して見たってことなんです。

つまり、結構冷静に見れたんです。

冷静に見た結果、最終回はようやく、個々のメインキャラクターは非常によく描かれていたなあという結論に至りました。
大局では、うーん、難あり、だけど。
でもキャラクター心理を見るのが楽しい私としては、嬉しい構成です。
嬉しい構成ですけど、キャラクターごとに感想書くのは止めときます。
最終回では、確かによく描かれてたんだけど、R2全体ではルルーシュもスザクもキャラクターとして揺れまくっていたので、
果たして今回一回分のことで綺麗にまとめてしまっていいもんかと、悩ましいところだし。

それと演出ね。やっぱ上手いね。すごい。


実はR2になって、音楽にうっとり、っていうの少なかったんです、私。
第一期では結構あったんだけど。

あの、ラストね。
『ゼロ』がルルーシュに斬りかかろうと駆け出すところね。
あそこでかかるあの音楽、確か第一期サントラvol.1のトラック1、『0』っていう曲。
まさにゼロ、まさにRe;――『もう一度(最初から)』、という。
あれは久しぶりにぐっと来たかも。



で、多分、私が絶賛しなくても、このアニメに関しては褒めてくれる人いっぱいいると思うのね。
だから別に、私がハラショーと言わんでも、良いと思うのです。

なので、素直に思ったことを、書いとこうと思います。
つまり、難あり、と思ってしまった大局のことを。

このアニメがただ絶賛されていくのは、私はどうかと思うから。

ですから、この先は少々批判的です。
お嫌な方は、どうぞここでお戻りください。







[コードギアス 反逆のルルーシュ R2 FINAL TURN 『Re;』]の続きを読む

旅に出る 2

2008年09月20日 22:34

日光から帰ってきてました。
随分前に。





そして明日から奈良に行くそうです。
そうです、なんていうのは、なんかいつの間にかそういうことになってたからです。
実はあまり休めていないので、たらっとしていたかったんですが、どうもそうはいかないみたいです。


レポートが終わらないので、もうPCも資料も背負って行くことにしました。
新幹線ってネットつなげられるんでしょうか。



関西は飯が美味しいからよいよね。
飯が美味しいところに行くのは好きです。

なので、いろいろ食べてこようと思います。


そんなわけでした。

旅に出る

2008年09月05日 23:04




日光に、ちょっくら。




いやまあ、国内だし、旅っていうか実験だし、
ブログの更新も可能なんですが。


実験に先回りして現地に行って、数日遊ぶつもりです。
嬉しいことに、お宿が温泉なんですねえ。
お金にそう余裕がない以上、名物の湯葉料理とかは食べられないわけで、
こういう人にとって温泉ってよいよい。
あとは自分の足使っていろいろ見て回ろうかなとか。


うむ。そういうわけでした。

おちつこう

2008年09月01日 12:32

いや私が。





そうあれだよ、昨日のナニ、ラグナレクがどーたらこーたら言ってた30分の番組に対するなっがーい文句。
よく考えたらそう、いつもの悪い癖が出ただけなんだわ。
私よく忘れちゃうんですね。



アニメは話半分に見ましょ、てやつ。



それをうっかり忘れていた。
さらに恥ずかしいのは、



製作側が商売に情熱傾けるのは当たり前だってこと。



だってこの国は資本主義なんだもの。儲けてなんぼ。
いや言葉が悪いな、儲けることに関して誰も咎めないスタイルの国だってことだ。
所謂『公共の福祉』を害さない限り。
だから私がネギ背負った鴨なのは、昔から変わらんわけで、
ともかく、昨日のは言葉が足りとらんなあと思ったわけです。
商売がいけないってんじゃない。



『作品』というスタイルをとって商売をしているわけだから、
せめて「これは商売なんじゃー!」という意図が伝わらないものを作って欲しい、
その努力が欲しい、


って言うべきでした。

だって彼らは『作品』を売って商売しているわけだから、当然商品は『作品』であるべきなんですよね。
金儲け根性の見え隠れするスライドを、私は作品とは呼びたくない。
そういうこと。




でもこんなくだらない記事を二本も書いてしまう辺り、
ああコードギアスに、私こんなに思い入れがあるんだと、
自分でも驚いている。

でももし、同じ日曜日に篤姫(=私の癒し)やってなかったら、
多分「出日本」あたりでやめてただろうな、
と思っているのも実は真実、なんである。




さ、論文読も。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。