スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹の山登り

2007年05月27日 23:25

土曜日、山登りをしてきました。
学科の実習だったんですが。
山登りって聞いてたのに、実は崖登りでした。
前日は大雨だったため地面はぐちょぐちょ、なのに当日はスカッ晴れで陽射しがきつく、なんかまさに蒼穹でした。
そのぐちょぐちょの地面で、みんなで仲良く両手両足使って崖を登ったですよ。
私は見事に踏み外して、竹に掴まってぶら下がるっていう貴重な体験をしました。ちょっと生命の危機だったかもしれません。
でもすごい楽しかったです。やっぱ実習は忙しくてもやるべきだね。
おかげで今、レポート+バイトの下準備で殺されそうなんですが。


土曜日、そんなこんなで疲れ果てた私は『地球へ・・・』を見事見逃しました。
というかキースを見逃しました。
言い換えると子安を聞き逃しました。
ギャオを待ってるのも癪なので、どこかでがんばって見てこようと思います。


土曜日、『地球へ・・・』を見逃してショックだった私は、半ばヤケになって『蒼穹のファフナー』を見終わりました。
あわや涙腺決壊の危機。
ちょっと私は感動しました。
ラーゼフォンの映画版を見終わったときと同じような感動がありました……ってラーゼフォン知らない人にはまったく通じない例えなわけで、これもまたいかんのですが。
ちなみにラーゼフォンはTV版より映画版のほうが評価が高い……というか、
TV版はエヴァのパクリだ何だと散々叩かれたのが、映画版は見事に再構成されて、同じ作品とは思えんと評判だという、これまた変な現象なわけですが。
まあともかく、今更ながらすごく面白かったです。
今更とはいえやっぱり最終回のことをどーんと出すのはまずいかしらということで、
以下追記に回してみたり。








なんだ、いろいろ衝撃的なお話でございました。
主人公が途中で手から結晶出したり逃亡したり溶けたり半身不随になったと思ったら治ったり、
主人公の親友も、主人公と同化しようとしたり敵に捕まって助かるかと思ったらスタッフロールの後に爆発したかと思ったら拉致られて、今度こそ助かったと思ったら砕けちゃったりとか。
沖方にバトンタッチした辺りから一話一話の情報量がぐっと増えちゃって、
フェストゥム同士で会話しだした日にゃあ、私は頭がパンクするかと思いましたよ……


ウィキペディアで拾ってきたんですけど、『蒼穹のファフナー』はユング派の心理学者の間でも傑作だとする声が高いそうですね。
全体でひとつのものとして個人を押しつぶそうとする存在に逆らって、なんとか一人一人の人間として生きようとする姿がわかりやすい……ってことですか。
確かにそうだったかもしれないと、言われてみると納得ですね。
最終回で「私を無に帰せ」と叫ぶフェストゥムが、私はとても印象的だったんですよ。
一人一人、個として生きるのはそれなりに大変で怖いことで、個を持たず全体をひとつとして生きていたフェストゥムには、それは耐え切れなかったんですかね。
それでも人間はそれに耐えて生きてかなきゃいけないのよ、というメッセージ、あのシーンもそうだったのかもしれませんな。


私的にちょっとどきどきだったのがですね、マークザインに乗り始めて以降の真壁一騎君なんですよ。
マークザインはすごい独特じゃないですか。フェストゥムを逆に同化することが出来る。
一度フェストゥムと溶け合ってごっちゃんごっちゃんになったのを、一騎が選択することで個として再構成された、それはメインテーマと沿ってると思うんですよね。
しかしですよ、その後は基本的に他者を同化していたわけじゃないですか。
自分で歩いて自分で考えて、一人の人間として生きなきゃと、一騎もその周りの子供も大人も奮闘する中で、彼だけが、いつもは周りと同じ方向を目指しながらもところどころで、
「俺はお前だ、お前は俺だ」
という逆方向の行動、つまり他者の『同化』をしていた、というのが、
見ててちょっと怖かったのですよ。
真壁一騎だけ、人間とフェストゥムの両方が混じり合っているようで。
ちょっとあんた、ちゃんと人間側に戻ってきてよね危ういんだよおーい!、みたいな。
まあそのどきどきが、私にとってファフナーをより面白くしていたわけで、
ようは自分のツボだったってことですね。


なにはともあれ、すごく面白かったです。
コードギアスとはまた違った面白さでしたね。
アニメだろうと映画だろうと小説だろうと漫画だろうとゲームだろうと、
いい作品に出会えると幸せってもんです。


あとはそうだな、暇さえあればROLも見てみたいんだよな。
うーん、見れるかなー……
スポンサーサイト


コメント

  1. RUNA | URL | H6hNXAII

    lyot様こんにちはー!!!お久しぶりです!!!リヴァイアスに興奮しつつスクライドのOPかっけーなんて思ってるRUNAです。
    いいねぇ山登り♪めっちゃ楽しそうじゃん!!!お疲れ様~
    地球へ・・・見逃しちゃったの???
    今回の子安は正直やばかったよ!!!あれで飯10杯はイケる感じでしてよ(´∀`)
    絶対見た方がいい!!!
    ファフナーは私も感動したよ、うん。脚本が変わるだけであれだけ変わるなら某種デスもなんとかならんもんかね?(脚本変えろーーー
    でも最終回は一騎少年が立ち直れるのかものっそい心配になったよ、私。あの状態じゃ目とかも治る気がしねー(汗)
    それでは殴り書き失礼しました!!!

  2. lyot@管理人 | URL | -

    RUNAさんちわす、お久しぶりでさあ。


    うーあー、キースが見たいよー!!
    もうホント惜しいことしました、うう。


    種に関しちゃ、脚本以前に監督変えなきゃ駄目だと思うね、私は。
    あれはもう……ねえ、ファフナーなんかを見ると、余計にひどかったなあなんて、過去のものになってもなお評価下がり続けますもんね。
    あーでもファフナーほんとよかったです。目は……きっと治るよ、じゃなきゃ許さない(彼女は好きだ)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mouryoubukuro.blog75.fc2.com/tb.php/23-bbdbc538
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。