スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 第5話 『限界離脱領域』

2007年11月03日 23:22

ダブルオー第5話『限界離脱領域』、見てみたので感想書いてみたり。
今回けっこう面白かったなあ。
ていうか前回でエンジンかかった感じ?
3話なんて結構イライラしながら見てたのに、ねえ。
なんていうんでしょ、4話でそれまでためてたネタと空気を使ってストーリーにスパイスを加えて、今回のでエンタメ性の高い面白さを示した、みたいな。

そういうわけで、今回の感想はエンタメ方向にくだらなく行きます。

そうそう、第4話も見てたんですけど、しかもいままでで一番面白かったんですけど、
翌日モーターショーに行ったら完全にそっちにもってかれました。
ていうかニッサンブースの人ごみのなかに全てを置いてきました。

どうでもいいけど『限界離脱領域』、
絶対恐怖領域を思い出す私ですよ。
文字数と「領域」しか合ってないのにね。



とりあえず……
ロックオンのあの射程距離はいくらなんでもやりすぎだろー!


さてさて。
アバンタイトルはマリナ様。
チャイナ娘もとい王留美がどうにも気に入らず、
私はこっちのほうがなんか好きなのであります。
関係ないけど、側近の女の人がしゃべるたびにアビスのナタリア思い出す私。
声はナタリア、顔はレイアース(古いって言うなあれは名作だ)のふうちゃんの悪党面バージョンだと思うんですが、どうですかね……って何言ってんだ私。


超人少尉と中佐の組み合わせがひどく好みな私です。
中佐は初登場からいいなと思ってたんだけど、
しゃべってみると少尉がなんか可愛い。
黒田のことだから、なんだか少なくとも片方は将来無事ではなさそうですが、
どっちが欠けてもその後が面白そうだし……って何言ってんだホントに。


ていうか今回もあるんだねキュピーン。やっぱりガンダムには欠かせないのか。
ダブルオーのキュピーンな人々はアレルヤと少尉。今後増えるのか?
そもそも超人機関っていうのが、字面からしてなんかすごそうではあるけど、
具体的にどういう機関なのかっていうのがまだ語られてないし。
この前、超人って言葉が初めて出てきたときは、まあコーディネイターみたいなもんだと思ってたんだけど(なにせ主人公がフリーダムだから)、
先天的に遺伝子に手を加えて人を生み出すというのは今回のを見る限り特殊なようだし、
すでに生まれている人間に手を加えるのが超人機関と考えたほうが良いのかしらん。
で、ありきたりではあるけど、アレルヤはそこからの脱出者かなにかか?
ていうか二重人格?ハレルヤって、え?
な、なんて不安定な人材をパイロットに登用してんだソレスタルビーイング……

しかし今回のアレルヤ・ハレルヤ(「神を讃めたたえよ」?)といいロックオンといい、
ダブルオーは名前が妙だなあ。
コーラサワーはネタだとしても、
メインキャラクターが名前呼ばれるたびに違和感覚えるのは、
なんだかリズムを崩すというか。


あとはあれね、中佐とアレルヤの、宇宙に対する意識の違いね。
前も似たような描写があって、面白いなって思ったけど、
今回もしつこくも。
宇宙でほっとする若者と、宇宙が落ち着かないおじさん。
この辺も後に伏線として引っ張ってくるのかな。
……ただのジェネレーションギャップと言ってしまえば、まあそうなのかもしれないけど。



あとねー、ルイスと沙慈ねー。
ソレスタルビーイング側のキャラクターが、もう揃いも揃って非日常的な人々なので、
この二人、特に沙慈が、きわめて平凡でぱっとしなくて、
実に一般人の代表キャラクターとしていい感じになってまいりましたよ。
このものすごく普通の少年・沙慈が、
隣の家に刹那、今回は王留美とすれ違い、ブロックの外壁隔てた向こう側にアレルヤと、
微妙にソレスタルビーイングと掠っていく、
このニアミス感がなかなかいいんではないかと。
普通に学校に通って、ちょっとタイプの違う女の子に気に入られてしかもそれに気づかなくて、時にはお金かけて研修に行ったりなんかする、
それら全部、刹那は持っていないんですよね。
この辺の対比も、これから活かしていくのかな。

つうか今回の、ルイスの告白未遂、
「私ね、沙慈のことが」の直後にロックオンが狙い撃ちそこねて中央ブロック撃っちゃってたら、そこで見事な最終回になっていたと思う私。


そうだ、今回主人公の台詞、
腹筋しながらの「モビルスーツの性能実験……」、
雲を切ってと頼まれたときの「了解」と「はぁっ!」だけだったし。
今回の話ではメインでなかったとはいえ、
見事な空気っぷり。



次回は……えー?もう装備の増強ー?
せめて一回ぐらい派手に負けてからのほうが、ストーリーのワンパターン化を避けるのにいい気がするんだけどなあ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mouryoubukuro.blog75.fc2.com/tb.php/42-f45fe34c
    この記事へのトラックバック

    (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第5話 「限界離脱領域」

    機動戦士ガンダム00 (1)研修のため宇宙へと上がった沙慈とルイス。しかし、二人はこの後大変な事故に巻き込まれてしまう・・・。

    レビュー・評価:機動戦士ガンダム00/第5話「限界離脱領域」

    品質評価 19 / 萌え評価 27 / 燃え評価 15 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 34 / お色気評価 6 / 総合評価 23レビュー数 248 件 第5話「限界離脱領域」のレビューです。



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。