スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMC4 プレイ日記 Mission2

2008年02月16日 11:28

どんどんいきましょうMission2です。
相変わらずのカメラワークの悪さに泣いた……



どうでもいいですが、ニコニコにある『DMC4でカラメルダンシン』はヤバイ。
あの可愛さは……罪だ………!!







で、Mission2です。
ここから本格始動って感じですね。



突然降ってきたダンテさんにより、うっかり教皇が暗殺されてしまったので、
ネロに追跡命令が。
……か、勝てるわけねえ。
行きたくないのは山々だが、キリエに無理してまで武器を持ってきてもらってしまったので、
こりゃあ行くしかない。
しかもおっさんダンテはナントカ言うお城を観光しているらしい。さすがダンテだ。
(ここで「わけわからん」と言わせないのが彼の実力だろう)

そして奇跡的に無事だった、ネロからのプレゼントのペンダントをして、
にこって笑いかけるキリエ。
それを見て、ぶっきらぼうながら明らかに喜んでいるネロ。(ハイビジョンって恐ろしいね!)
ここまで直球で青春やられると、
なぜか私までテレビの前で照れる。


が、そんな青い展開を続けてるわけにも行きません。
悪魔襲来、一人斬りかかるネロ。
瓦礫のせいで本部に戻れなくなって、ここからスタートです。
とりあえず辺りの悪魔とベンチを殲滅。
ちなみにスタート地点から逆行すると、Mission1の聖堂まで戻れます。
そこにドアがあるのに、そこからキリエの待つ本部に戻れないのが悔しい。

しかも途中で気付いたんですが、
このMission2、多分TGSに来てたやつに含まれてたよね確か。
途中でネロの腕が伸びるようになるわけですが、
それ使って移動するのとかちょっと覚えてる。

Mission2のメインはその、腕伸ばして移動していくのに慣れてねっていうことなのかな。
なんかスピード感があって心地よい。
通りをはさんでこっちからあっちまでひとっ飛びでございます。
……本気出せばこんなに伸びるなら、戦闘時でもそれだけ伸ばしてくれればいいのに……

そして道中、最初のシークレットミッションが。
今回のシークレットミッションは、場所が分かりやすくてよいかも。
しかし早速失敗する私。二回目でクリア。
なんつうか……本当に大丈夫なんだろうか。

途中、あからさまな誘導に従っていくとブルーオーブの欠片が拾えます。
ふん、わかってるさ、親切なのは最初だけだってな!

なぜか行き着いた先は港。
既に位置関係がわからない。
そして無意味に太陽に向かって腕を伸ばす私のネロ。
ええ、できるんですよ。
腕伸ばしアクション(名前忘れた)を使って移動して、建物に入る直前のスペースで、
海側にカメラを向けると素敵な太陽が出ているので、
そこで太陽に向かって吠えました。
ちなみにそこで挑発もしてたんですが(なんでとか言っちゃいけない)、
Shall we dance?とか言い出して太陽に向かってぺこんと頭を下げだしたときはなんとも言えない気分になりました。
しかしこのゲーム、ミッションごとの評価にプレイ時間が大きく関係するので、
こういうのは極力やらん方がいいのだ。
わかってるんだけど、つい、ついね……

その先で、少々手荒な方法で桟橋を稼動させて道なりに行くと、
キヨスク、違う時空神像があります。


………ボスがいるってことだ(滝汗)。


びくびくしながら進みます。
ていうかこのとき既に、コンティニューする気満々でいる。

進んだ先には、ええとなんつうの、
いつぞやのキューブリックの宇宙の旅(古い)のあの黒い板を髣髴とさせる物体と、
なんかすごい熱そうなでかい悪魔が。
ていうか覚えてる、これもTGSで見た。
そう、そうだよ、このあと若さゆえかネロが後先考えずにこいつを刺激して、
それでたしかホギャー!と吠えたそいつが襲い掛かって来たー!

こういうデカイの苦手なの私!
3だったらむしろバージル兄さんとかの、わりと小型のボスの方を得意とする人なの!
Misson2にして既に生命の危機!

いーやー!こないでー!
とは言ってられないので、とりあえず強気だ!腕を伸ばせネロ!頭を引っつかめ!
腕伸ばしアクションを空中で繰り返してると、まるでMission1のときのような顔面タコ殴り連続パンチを再現できますが、
このアクション自体には攻撃判定はない。
イコール、無意味。
体験済みです、ハハハ。

でもね、周りに民家があるわけですが、
その民家がぶっ壊れるとオーブが拾えるので、ちょっと回復できます。
この辺なんかは、前シリーズに比べて親切になったなあ。

まあなんか、地上から一度腕を伸ばすと、位置によりますが大抵敵の正面に出ちゃうので、
そこからもう一度腕伸ばして、後頭部辺りに陣取れれば勝てる、気がする。
後頭部をひたすら斬りつけ、ちょっと高度が落ちてきたらまた腕を伸ばし、の連続で、まあなんとか。
が、空中戦になると地上での位置関係を全く気にしなくなる私のネロ、

端に追いやられて画面に写らなくなる。

カッ、カメラワーク直ってねえ!
カメラを背面に回しても崖が全面ドアップ、意味なし!

しかも画面に写らない状態のまま死んでるし!


……いやもう、ね。
ここで諦めちゃ駄目、私。
カメラワーク駄目なのはわかりきってんだから、なるべく真ん中あたりで挑まなきゃ駄目なのよ、きっと。
しかも、ある一定の周期で放ってくる業火一斉放射みたいなのはどうやって耐えるわけ?
もういいや、民家の近くであえて食らって即回復する。
落ちてきたオーブの回復量のほうが大抵ダメージを上回るので、
弱気ではあるがこれは行ける気がする。


結局せっかく拾ったゴールドオーブも使った挙句ダメにして、
三度目くらいの正直で倒す。



結果:D。
道中の激しく無駄なタイムロスと、複数回のコンティニューのコンボなので、
まあ当然の結果です。
こんな文字見慣れてるので、ショックの一つも受けない私。
……よくない。


さー、次行こう次(逃げ)。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mouryoubukuro.blog75.fc2.com/tb.php/61-2fbe980d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。