スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMC4 プレイ日記 Mission4

2008年02月20日 17:22

ええーと。


本日、デビルメイクライ4をクリアいたしました。



なのにプレ記はM4?なんで?ってとこですが。
まあつまり、ちょっと気合入れてやってたらクリアしてた、っていう。
でもこの先も、思い出し形式で一応プレ記もつけてこうと思います。


どうでもいいですけどネロの声優さん、Johnny Boschって人、
北米版ギアスのルルーシュ役の人ですわな。
……演技変えなかったらものすっごい柄悪いランペさんになりますがね。





さて、Mission4です。
もうさくっと行きましょうやるべきことはわかってんだから。
あれだろ、その辺においてあるチェスの駒的な物を動かしてどうこうすりゃいいんだろ?
そしてそれを盾にして炎に立ち向かったりな!(M3参照)

なにせ頭にマップが入っちゃってるのでもう全然迷わない。
しかも今回のDMC、新しいちょっと迷いそうなところではマップを切り替えたときに「あれを動かしてね」みたいにほのめかしてくれるので、結構楽。
つまり、でかいホールを囲んだ回廊の真ん中辺りにあるスペースに、規定数のあのチェスの駒的なものを集めてくればいいわけだ。
今なら動かせるからね!

このチェスの駒っぽいもの、二回ほど斬りつけてからバスターふっかけると、
ものすごいスピードで吹っ飛んで、道中の敵をあらかた轢き殺してくれます。
あんまり面白いので、ここで無駄な殺戮をしでかす私のネロ。
多分レッドクイーンのコンボCだと思うけど、
一度斬りつけた敵に気でも触れたかのように何度もガンガンと剣を振り下ろしてメッタ打ちにするやつ、
あれがお気に入り。
まあぶっちゃけた話、使い勝手は良いとは言いにくいが、
見た目の必死さがある意味可愛い。
悪く言えばご乱心、ていうかタミフル。タミフルコンボ。
△ボタンを押せば押すほどよりタミフル。
って、ああまたこうして時間のロスを。

たどり着いたのは闘技場の一階。
って、ここにもあの、キューブリックの宇宙の旅的黒い板が。
そして空中には、裸で踊る幼女二人。
………いや、だからさ。
グロリアからそんなに間もないのにこういうのを、ああもう、攻撃ー!

やっぱり幼女は釣りだったらしい。
本体はでかい(そう、でかいんである、私の苦手なでかいボスなんである)カエルで、幼女はその触覚の先端だった。
これって所謂グランドフィッシャー……いや、まあいい。

で、このでかいカエル、他の人の話を聞くと割に簡単だという話だが、
ほんっと苦手。
今思っても、ラスボスよりこれ苦労した。


まあそういう超絶ヘタレプレイヤーの編み出したカエル対策法は結局、

特攻。

もっと正確にいえば『特攻の精神で背後から闇討ち』。

まあつまり、基本は『とりあえず前進』。
このカエルさん、背中に逆さに生えたツララを装備してございまして、
それをこっちにすっ飛ばしてくるのですね。
突っ立ってるとグサグサ刺さるので走って逃げるのですが、
それを横に逃げるのでなくさっさと前に行ってしまう。
多分そっちの方がいい。
ともかく寄らないと攻撃できないので、強化して距離伸ばしたスナッチで詰めちゃうのも案外楽。
ともかくさっさとお近づきになる。というのもこのカエルさん、激しく遠距離攻撃してくるからである。
カエルがおもむろに息を吸い込んで、膨らんだ喉袋が何やら光っていたら、そこで特攻中止、かくっと曲がって横に走る。
正面にいると氷付け、結構痛い。
ただし避けられればそのあとの隙が大きいから近寄る。
で、斬るときは正面はやめた方がよさ気。側面か尻尾か、ともかく正面は危険。
食われます。(複数回食われた人)
微妙にダウンしてるときならバスター掛けられるけど、なんかいまいちタイミングがわかりにくい。

喉袋が光っていなかったら、それはただの目くらましの前動作、むしろ正面から斬りかかる。
そう、めくらましです。
このあと彼はどこかへ消えてしまうので、餞別とばかりに銃を連射(なんとなく近寄る勇気がない)。


カエルさんが消えると、さっきの幼女が復活。
いつぞやのネヴァンを思い出します。
つまり、ハグされちゃ駄目ってことね。
あからさまに腕を広げて駆け寄って来たりとか、腰を下ろして誘って来たりとかするけど、
寄っちゃいかんのね寄ったけど!
そして氷付けにして食われたけど!

正しくは、イクシードが有効なんだと思われる……
幼女がべたっと座り込んで「ああ眩暈が~」のポーズを取っていたら、
さくっと近寄ってバスター。親玉が釣れます。

平たく言えばこの繰り返しですね。
まあ単純作業ですが、五度目の正直ぐらいで撃破。
ねえ、もうさ……でかいボス嫌だってば……



戦闘終了後、クソーアホがーのようなステレオタイプな捨てゼリフを吐いたあと、
なぜかカエルさんの兄弟が押しかけて来ましたよ……
パンチ一発で追い返すネロ。
今回の主人公はいやにゴリ押しです。



結果:D。
どんな文字でも、並んでみると壮観ってもんですよハハハ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mouryoubukuro.blog75.fc2.com/tb.php/63-c29d3460
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。