スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Who is Nero?

2008年03月11日 21:25

ネタバレ解禁したらやりたかったネタ、『ネロの正体』。
DMC4をクリアしても残る最大の謎、それが主人公の正体だっていうのも変な話だが、
でもしょうがない。


結局本編では明らかにされなかったネロの正体について、
思いつく限り垂れ流してみようと思います。



あの、でもネタの性質上激しいネタバレです。
DMC4買うつもりはないけど、3まではプレイ済みで、そんなもんだからストーリーは気になるのよね、
みたいな人にはおすすめです(なにその狭い対象)。
しかも超長いです。
読んでいいのは、読みきる覚悟のある奴だけだ!(え)








さて、ネロ少年の正体です。
そう、彼はDMC4の主人公であるにもかかわらず、実際のところ本当に人間であるのかどうかすらも語られない!
……気になるじゃあないですか。
しかも彼自身、自分が何者なのか知らないときた。
腕が鳴ります(妄想の)。


彼の正体を探る上で、重要な分岐ポイントがあります。
それは、

スパーダの血族ってのは真実なのか否か

これを置いて他にない。
つまり、教皇のおじ様が言っていたことが真実なのか、彼の勘違いなのかという話だ。

そもそも教皇のおじ様が動かしたかった神様モドキ、
アレの制御のために『魔剣スパーダ』と『スパーダの血』が必要だったわけだ(ライブラリーで見れます)。
その『スパーダの血』としてネロがちゃんと機能している。
ネロがスパーダさんちの子であろうがなかろうが、
このポイントをクリアせねばならぬ。
これを忘れぬようにして、妄想開始!(え)



その1・ネロがスパーダの血族であった場合

これだったら話は簡単だ。
彼が『スパーダの血』として機能したのは、その家の子だったからだ。
悪魔の右腕も一応説明がつく。半分だかなんだかは知らないが、悪魔の血が混ざってんだから部分的にそれが形質として現れたんだろう。
閻魔刀を修復できたのも、無理やりだが説明できなくもない。
主人の血が混ざってるわけだから、あの高性能な武器が反応したということにしよう。
問題はそんなところじゃあない。

じゃあ誰の子だってことだ。

困るのは、ネロの出生に関して公式で発表されているのはただ一言、
天涯孤独であること、
それだけだってこと(しかもこれが書いてあるのはキリエの欄であってネロの欄じゃない)。
さらに恐ろしいのは、DMCのキャラクターは年齢設定が明らかになっていないということ!
とりあえずわかるのは、スパーダが人間のために戦ったのが2000年前の話だってこと。
そんな彼の直系の息子が、その2000年後にご存命なわけだから、
とりあえず悪魔は長命だ!これがヒントだ!(なんてテキトーな)

1、スパーダの子
……だとすると、最愛のエヴァを差し置いて、パパーダは浮気してたということになる。
まずそれがファンとして嫌だ。
(パパーダとか言ってる時点で明らかだが、スパーダ=家族溺愛、のイメージがある。一体どこから来たイメージなのかは知らんが、私も例に漏れずそう思っている人は多いようだ)
しかもだ!
下手をするとダンテ&バージルよりも年上ということになりかねない!
……さらに、ゲーム中では明らかに、『ネロはスパーダの息子であるダンテよりも格下』のように描かれている。なのに血の混じり方が同じってのも考えにくいでしょう。
つうわけで、却下。
(証拠不十分だって?そうね、そういわれても仕方がないが、悪いがこのノリで行かせてくれ。ただの妄想よ、妄想)

2、ダンテorバージルの子
………バージルはないだろう。
信条からしてなさそうだ。力第一な彼が子供を求める理由がない。
ダンテの子、っていうのが恐ろしい。
若かりしころ、一夜の過ちで、みたいなのが十分考えられる(DMC3参照……いやごめん)。
だがよ、奴はものっっっすごい家族思いだ(ついでに言うとマザコンだ)。
そんなダンテが、過ちとはいえ生まれた子を捨てるっていうのもよくわからん。
……………却下にしたい、な。(希望)

3、それ以外のスパーダの親戚の誰かさんの子
………これをやられるともうお手上げ。
『人間界に来る前のスパーダに兄弟だかなんだかがいて、その人が何の酔狂か人間との間に子をもうけていて、その子孫である』パターンと、
『ダンテとバージルが、スパーダが人間のために戦ってからそんなに間をおかずして生まれた子供で、実はかなりのお年であり、実は孫とかひ孫とかもいたりして、その中の一人である』パターン。
肯定する要素もないが否定する要素もない。いやまあ、後者に関しては2と同じとして棄却してやる手もあるが……
つうわけで、なかったことにしよう(え)。



その2・ネロがスパーダの血族でなかった場合

この案を使うと、少なくとも彼の出生についてはさらっとスルーできる。
とりあえずネロは天涯孤独の人間の青年だ。

問題は右腕と、どうして『スパーダの血』として機能したのか、そこだ。

……これを一気に解決するひとつの案がある。
すなわち、

右腕にバージル兄さんが取り憑いている

って考えだ。
妄想スイッチ100%稼動中だが、でも案外これ捨てたもんじゃない。
まず、ネロのあの右腕は、アグナスやらクレドやらが見たときに驚いている=ああいう特殊な腕になったのは最近の話だろう。
最近っていつよ。
これについては手がかりがあんまりにも少ない。しいて言うなら取説の冒頭に書いてあるやつ。
どこぞに悪魔が出現して、たまたまそこに居合わせたネロが戦ったので大事には至らなかった、っていうアレね。
そのときネロには、民間人の女性の同行者がいて、ネロは右腕に軽症を負った、って書いてある。
これならタイミングとしてありえるんじゃないのか。
この事件のときに右腕が変化して、とりあえずそれを怪我として隠したんだとしたら。
そうすれば、オープニングのとき右腕にギブスをしてたのも説明できる。
同行者、っていうのも、キリエのことだとすれば納得。
キリエを守ろうとして、ネロが思ったのが、

"Give me more power...!"

これって、バージルの信念とピタリと一致しませんかね。
そういう不思議な一致によって右腕がバージル化(嫌な言い方だ)したんだとすれば、
Mission6でのネロのうわごとも、なるほどなって思えなくもない。
っつーか、

ネロの背後に現れてる悪魔の声あててんのバージル役の人だしね!(失笑)

これだけで、
もういいんじゃない?
アレはネロ・アンジェロということでいいんじゃないの?!
と、思ってしまう自分がいる(え)。

ちなみに、これならネロが『スパーダの血』として機能したのも、ネロがそうだからではなく、
右腕がそうだから
で何とか解決。

………全てが上手くいっている。これはいい線行ってんじゃないの?
そう思われるかも知れぬ。
まあね、この案は確かにいいんだ、バージルがなぜ生きてたのかを説明できればな!
つうかそもそも、バージルは既に人間界にはいない。戻ってきたネロ・アンジェロも弟が手を下している……(泣)(や、泣かずにはいられんでしょこれ)
そう、過程は説明できても基礎ができていないのだこの案は。
駄目なレポートのいい例ですって。
まあ……バージル兄さんは少々粘着質な性格なので、ネロ・アンジェロの残留思念とか、なんかその辺で誤魔化しときましょうか(笑)。

ちなみに、右腕=バージル説をとったうえでED曲のShall never surrenderの前半部分の歌詞を見ると、
あたかもネロ少年の背後でバージルが虎視眈々と復活の機会を狙っているかのように聞こえます(爆)。
なんか……今はネロの手伝いをしてやってるけど、
お前が死んだらその身体は俺のもの!
的なことを言っているようで非常にニヤッと来るものがあります(やめろ怪しいから)。


で、ここまでいろいろと考えて(?)きてみたわけだが……



結論:好きなように解釈してね(はぁと)




もうね、好きなように考えなさいネロ少年のことは。
公式の方ではそれなりに設定もあるんだろうが、あれですよ、ギルティギアの『例の男』みたいなもんですよ。
いつか語られる日を待つ。そういうことで。
まあ私としてはバージルが取り憑いてる説を推すがな!!


しかし、はぁと、何ぞと書いたのは一体何年ぶりであろうか。
我ながらキモイ。
スポンサーサイト


コメント

  1. dolpy | URL | -

    バージル取り憑き説にぜひ一票!
    バージルパパ説が出てからこっち、家中パニック。私自身はダンテ派なので、まだましなのだが・・・
    DMC4はまだです。このブログ見て、買おうかなって、そんな気に・・・

  2. lyot@管理人 | URL | -

    dolpyさん、はじめまして!

    こんなブログご覧になってそんな気になっていただけるなんて、当方感動しております(笑)。
    DMC4はプレイする価値のあるゲームですよ。
    というかネロ君がかなり豪快な性格ですので、恐らくプレイすればバージルパパ説の恐怖は払拭できるかと(と、さらに勧めてみる)。

    コメントありがとうございましたー!

  3. dolpy | URL | -

    管理人さんへ。コメにコメありがとうございます。また情報出てくるのを楽しみに、ちょこちょこよらせていただきます。バージルパパ説の恐怖か、そう、恐怖に近いッす。もうやめて、て感じで

  4. みんな の プロフィール | URL | -

    みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
    http://blog.livedoor.jp/mpfeelg/


    より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mouryoubukuro.blog75.fc2.com/tb.php/68-999181b6
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。